犬の種類図鑑 中型犬 牧羊犬・牧畜犬 アメリカ

【オーストラリアン・シェパード】性格・寿命・値段などまとめ!

オーストラリアン・シェパード - australian-shepherd



オーストラリアン・シェパードの基礎情報

・日本語表記:オーストラリアン・シェパード
・英語表記:Australian Shepherd
・原産地:アメリカ合衆国
・発生:人為的発生
・種類:牧羊犬/牧畜犬
・サイズ:中型犬(46~58cm)
・体重:オス25kg~35kg、メス16kg~25kg



オーストラリアン・シェパードの性格・特徴

オーストラリアン・シェパードは、賢く愛情深いため、飼い主の望んでいることを察するのがうまい犬種といわれています。

古くから賞賛された美しく賢い犬ですが、しつけにより社会性を身につけさせなければ、この犬種の良さが生かされないため、本記事をぜひ参考にしてください。

オーストラリアン・シェパードの性格

オーストラリアン・シェパードは「飼い主の望んでいることを第6感で察することができる」といわれるほど、飼い主想いの犬です。

牧畜と護衛を行っていたため、献身的で保護意識も高い性格です。家族の中にいる小さい子供にも優しく接することができます。

安定した気質で、気立てがよく、他の犬とけんかすることは滅多にありません。

基本的には温厚で、優しい性格ですが、鋭い知性と牧畜犬らしい注意深さから、見知らぬ人に吠えてしまったり、動くものに反応してしまうことがあります。

子犬を迎えたらすぐに社会性を身につけるための訓練やしつけが必要です。さみしがり屋の一面があるため、長い時間の留守番には向いていません。

オーストラリアン・シェパードの特徴

オーストラリアン・シェパードの特徴は、印象的な被毛とバランスのよい身体。そして、美しく澄んだ目です。

その美しい外貌は古くから賞賛され、愛されてきました。

頑丈な体つきで筋肉質ですが、身体の印象は重厚ではありません。オスとメスでは印象がちがい、体重も大きく異なります。オスはオスらしく、メスはメスらしい体つきに成長していきます。

しつけと訓練を経て素晴らしい家族になる

オーストラリアン・シェパードは多芸で多才な犬種です。近年では、介助犬、競技犬、救助犬として活躍しています。

しかし、その反面、家庭で飼われている、オーストラリアン・シェパードは「飛びつく」「吠える」「家具を齧る」など、問題行動がある事例を見かけます。

この犬種の素晴らしさを引き出すためには、社会性を身につける訓練と、飼い主との主従関係・信頼関係の構築が必須であることを忘れてはいけません。

訓練やしつけは、子犬を迎えたらすぐに行えるように、事前に準備をしておくといいでしょう。

犬を飼うことに慣れていない人は、しつけ教室に通わせることをお勧めします。その際も、家庭犬よりも、牧畜犬のトレーニングに慣れているトレーナーを選びましょう。

オーストラリアン・シェパード - australian-shepherd




オーストラリアン・シェパードの毛色・目の色

オーストラリアン・シェパードの毛は、直毛かウェーブ状の中くらいの長さのダブルコートです。

下毛の量は、気候によって変化します。

頭部、耳、前脚の前側、ホックの下の被毛は短くスムースです。前脚の後ろ側と大腿部、および首と胸にも適度な飾り毛があり、この犬種の美しさと華やかさをつくりあげています。この飾り毛はメスよりもオスのほうが顕著です。

毛色は、ブルー・マール、ブラック、レッド・マール、レッドがあります。これらの色に、白斑のあるものとないものがあります。マールの毛色は年齢とともに濃くなるのが特徴です。

マールは、明るい地色に大理石模様のように見える、同じ色調のダークな斑がある毛色のことです。

同じ毛色の犬は2頭もいないといわれるほど、毛色はバラエティーに富んでいます。

ブラッシングは、スリッカーブラシで行い、シャンプーは月に1~2回行い、その後はしっかりと乾かすことで皮膚病を予防しましょう。

目は、鋭さもありますが、人懐っこくもあり、印象的で美しいです。

アーモンド形で色は、ブラウン、ブルー、アンバー、斑点、マーブリング(大理石模様)を含む色またはその組み合わせになります。


オーストラリアン・シェパードの鳴き声

オーストラリアン・シェパードは、訓練としつけを行わなければ、警戒吠えや無駄吠えに悩まされることになります。

感情表現が豊かで、興奮して吠えたり、甘えた声を出すこともあります。

鳴き声は、牧畜犬らしく太く低音の大きな声です。吠え続けると、集合住宅などではトラブルになるかもしれません。

小さなころから、物音や、人、他の犬とたくさん触れ合うことに加え、しつけや訓練を行いましょう。

とくにインターホンに反応しやすいので、インターホンの音を変えたり、無音で光の点滅で知らせるタイプのものに変えるなど対策するといいかもしれません。

窓から人影が見えることにも反応しますので、カーテンを付けることも効果的です。

しつけは、叱ることよりも、ほめて伸ばしてあげることが効果的なので、吠えたくなる刺激を極力減らして、吠えなくて済む環境を整えてあげましょう。


オーストラリアン・シェパードの寿命・病気

オーストラリアン・シェパードの寿命は、13歳から15歳前後で中型犬としては平均的な長さです。

コリーアイ(コリー眼異常):コリー犬種に多い、脈絡膜の局所的な発育不全や網膜内の過剰な血管新生などを特徴とする遺伝性の疾患。

症状には個体差があり、一生を通して無症状の場合もありますし、失明に至ることもあります。遺伝様式は常染色体劣性で、発症しない犬でもこの病気の「キャリア」である可能性があります。

親、兄弟、血縁の犬に同じ疾患がいないかの確認、また遺伝子検査が大切です。

てんかん:脳内の神経の異常が原因の発作が繰り返される疾患。てんかん発作が起きたときは、慌てずに、犬を揺らしたり、大きな声を出さないようにしましょう。

獣医さんに症状を伝えられるように、発作の様子を動画に撮り、発作が起きている時間の長さも計ります。何かがきっかけで発作が起きた可能性もあるので、思い当たるものがあれば記録しておきましょう。

口元に手を近づけると無意識に嚙み、お互いにけがをする恐れがありますので、気を付けます。人のてんかん発作とは違い、犬は舌が詰まって呼吸困難になることはないといわれています。

暴れてケガをしないように、毛布などで周りを囲み、家具や固いものは移動しましょう。治療には、抗てんかん薬などの内科的治療が行われます。

白内障:目の水晶体の一部もしくは全体が白くなる疾患。初期はわかりづらいですが、黒目の中心部が白く濁って見えます。夕方など薄暗い場所で、足を踏み外したり、溝に落ちたりします。

一般的には、糖尿病性の白内障以外は加齢に伴いゆっくりと進行していきますが、オーストラリアン・シェパードは、若齢のうちから発症することが少なくありません。診断された場合は、点眼薬や内科的治療、外科手術を行うことができます。

オーストラリアン・シェパード - australian-shepherd




オーストラリアン・シェパードのしつけ・飼い方

オーストラリアン・シェパードは、愛情深く穏やかで、利口な犬ですが、しつけや訓練を行わなければ、問題行動を起こす可能性があります。

この犬種のすばらしい特性を生かすためにも、社会性を身につけてあげましょう。

たくさんの運動と遊ぶことが大好きな犬種

牧畜犬らしい、エネルギッシュな犬種です。

とくに、オーストラリアン・シェパードは、「1日中働ける耐久力」をもつといわれている、働き者の作業犬でした。

その為、1日2回の1時間の散歩はもちろんですが、指示を出して動かすような、この犬種の本能を刺激してあげる遊びも必要です。もってこいや、フライングディスク(フリスビー)などもいいでしょう。

日常生活の中でも、仕事を与えたり、指示をだしてあげると、喜んで動いてくれるでしょう。そういった、日々のコミュニケーションにより、信頼関係と主従関係が強くなり、問題行動を防ぐことができます。

美しい被毛も夏場は注意が必要

オーストラリアン・シェパードは、耐候性がありますが、被毛の多さから暑さには気を付けなければ熱中症になってしまいます。

スリッカーブラシでのブラッシングと、年2回の換毛期は高頻度にブラッシングと月1、2回のシャンプーが必要です。

シャンプーの後は、しっかりと乾かさなければ、蒸れて皮膚病になりますので、気を付けましょう。

問題行動を防ぐしつけ

小さければ小さいほど、しつけしやすいため、子犬を迎えたらすぐにでもしつけを開始します。

一般的にオスのほうが男性ホルモンによって、攻撃性や、縄張り意識が強く、警戒心により無駄吠えをしやすい傾向があります。獣医師と相談の上、去勢を検討してもいいでしょう。

オーストラリアン・シェパードの問題行動としてよくあげられるのが、「とびつく」「警戒吠え」ですが、牧畜犬特有の追いかけたい欲求の強さからくるものでもあります。

賢く物覚えはよい犬種なので、地道にしつけをしていきましょう。

家庭でのしつけはもちろんのこと、社会性を身につけるのに効果的なものとして、犬のしつけ教室があります。犬同士のコミュニケーション、家族以外の人との触れ合いを学ぶことができます。

オーストラリアン・シェパード - australian-shepherd




オーストラリアン・シェパードの歴史

オーストラリアン・シェパードの起源については諸説ありますが、アメリカ合衆国で発展した犬種として知られています。

1800年代に、ヨーロッパ・バスク地方(フランスとスペインにまたがる地方)の人々がオーストラリアに移住した際に、羊と一緒に連れ込んだ牧畜犬といわれています。その後、この犬は移住者とともに、米国へ渡ります。

この犬種の名前は、バスク地方の羊飼いの組合がつけたといわれています。

第二次世界大戦後、ロデオやホース・ショー、映画やテレビに登場し、芸当を披露したことをきっかけに知名度と人気が上がりました。

オーストラリアン・シェパードは「オーストラリアからきた羊飼い」という意味ですが、近年の血統の研究で、アメリカに渡ってから大きく改良が進んだことがわかっており、名前の意味合いは少し異なります。

この犬種の多才な能力と訓練に適した性格は、アメリカの農場や牧場において大変役に立つため、牧畜業者は、この犬種の発展につとめました。こうして現代まで、この犬種の高い能力や鋭い知性、美しい外貌を守ってきたのです。


オーストラリアン・シェパードの値段価格

オーストラリアン・シェパードは日本ではペットショップで購入することは難しいでしょう。

ブリーダーから購入することや里親になることが選択肢としてあげられますが、いずれも訓練のしやすい子犬から飼うことをおすすめします。

また、遺伝性の病気があるため、親などの病歴の確認、遺伝子検査が大切です。

子犬の価格の相場は、15万円〜25万円前後になりますが、血統によっては30万円する子犬もいます。

しつけや訓練も楽しんで行える飼い主さんにとっては、素晴らしい家族になってくれる犬種です。ぜひ本記事を参考にしてオーストラリアン・シェパードとの楽しい生活をおくってください。

【限定割引中】2023年殿堂入りのフード&便利グッズ!

【キャットフード】カナガンデンタル

猫の健康を考えた、美味しく食べて健康になるキャットフードです!

天然のケア成分が含まれており、体内に負担をかけない原材料のみを扱っているため、食べるだけで綺麗で活気ある猫ちゃんになります。

私の周りでも良い評判をよく聞くので、全力でおすすめします。

今だけ最大20%OFFなので、興味がある方は一度試してみましょう!

【ドッグフード】安心犬活

【3冠達成】ナウフレッシュが「ペットフード総合満足度」「よいウンチがでるフード」「友だちに薦めたいフード」の3部門においてNo.1を獲得!

【新鮮な生肉・鮮魚を使用した高栄養フード】消化にやさしく美味しい、生(フレッシュ)の食材にとことんこだわり、乾燥肉やミートミールを使わない「100%」新鮮な生肉・鮮魚を使っています。

子犬の健康的な身体の発育に欠かせない動物性タンパク質、プレバイオティクス・プロバイオティクスをしっかり配合。お腹にやさしく、栄養をしっかり体内に吸収できます。

初回50%OFF、ぜひお試しください!

【便利グッズ】リモサボン

ペットの抜け毛で悩むことがなくなる、衣類用液体洗剤です!

衣類に抜け毛が付く原因は静電気です。この原因に着目し、独自のWコーティング成分を取り入れました。洗うたびに静電気の発生を抑え離毛効果を発揮し、合わせてペット特有のニオイ消臭もできます。

SNSでバズり、昨年は3ヵ月の予約待ちでしたが、今はすぐに購入ができるようです。

今だけ最大10%OFF、返金保証も付いているので、買わなきゃ損!

-犬の種類図鑑, 中型犬, 牧羊犬・牧畜犬, アメリカ