犬の種類図鑑 中型犬 牧羊犬・牧畜犬 イギリス

【ビアデッド・コリー】性格・寿命・値段などまとめ!

ビアデッド・コリー - bearded-collie



ビアデッド・コリーの基礎情報

・日本語表記:ビアデッド・コリー
・英語表記:Bearded Collie
・原産地:イギリス
・発生:人為的発生
・種類:牧羊犬/牧畜犬
・サイズ:中型犬(51~56m)
・体重:オス18kg~27kg、メス18kg~27kg



ビアデッド・コリーの性格・特徴

ビアデッド・コリーは、「ヒゲを生やしたコリー」という意味の名前で、別名は「ベアディー」と呼ばれ愛されている犬種です。

ビアデッド・コリーの性格

ビアデッド・コリーは、陽気で自信に満ち活動的な性格で、人懐っこく子供にも優しいことから、家庭犬として愛されています。

子犬の頃は、やんちゃな性格で、コントロールが難しいといわれていますが、成犬になるにつれて、落ち着き、牧羊犬特有の知的で、状況判断能力に優れた気質になります。

しつけの飲み込みも早く、臨機応変に対応してくれますし、いざという時は、家族を守ろうとする頼もしさもあります。

また、友好的な性格で、他の人や犬とも仲良くでき、神経質な面や、攻撃性を見せることはありません。

ビアデッド・コリーの特徴

ビアデッド・コリーの体は、被毛でわかりづらいですが、引き締まり頑丈な体格をしています。

雨や霧の中でも作業を遂行できる全天候型の牧羊犬として知られています。

ボディの下には十分なスペースがあり、重たくは見えません。快活で、好奇心に富む表情が特徴的な犬種です。

体高が体長より短くその比率は4:5です。メスの方がわずかに体長の方が長いです。背は水平で、腰は力強く、胸は深く肋骨は良く張っています。

飼い主が焼くもちを焼くほど人懐っこい

警戒心の強い牧羊犬の中では珍しく、大変人懐っこい性格をしており、散歩やドッグランで出会う人や犬ともすぐに仲良くなってしまいます。

成犬になると、一頭で静かに留守番をすることもできる忍耐強さを持ち、深夜でも異常があれば家族を守ろうとしてくれる犬種です。

被毛のケアは大変ですが、この犬種は大変飼育しやすく、子供にも優しく接してくれます。この犬種について語るとき、「優しい」という言葉がぴったりな犬種です。

感受性が強く、飼い主の愛情を敏感に感じ取るので、愛せば愛すほど素晴らしい家庭犬になります。甘えん坊で、イタズラ好きな一面もありますが、最高の家族の一員となってくれるはずです。

ビアデッド・コリー - bearded-collie




ビアデッド・コリーの毛色・目の色

ビアデッド・コリーは、柔らかく豊かに密生している下毛と、手触りの粗い上毛のダブルコートです。

毛色は、ストレート・グレー、赤みがかったフォーン、ブラック、ブルー、さまざまな色合いのグレー、ブラウン、サンディーです。ホワイトの斑はあっても無くてもよいとされています。

鼻筋の毛はまばらですが、鼻の両側は唇を覆うほどの長さがあります。頬から下唇、下顎の毛は長く、胸へ伸びていて典型的な顎髭を形成しています。

毛質は雨を弾き耐寒性があるため、激しく雨が降る中でも確実に仕事をこなすことができる、全天候型の牧羊犬として活躍していました。

子犬の時には、体毛はカールしていて、ブラウン、ブラックなどの単色で生後4ヶ月頃から徐々に成犬の色と柄に変わっていきます。

目の色は、毛色と調和した色をしていて、かなり離れてついています。大きく穏やかで愛情深い目をしています。

眉は隆起していますが、目を覆い隠すほど長くはありません。


ビアデッド・コリーの鳴き声

ビアデッド・コリーは、無駄吠えが少ない犬種です。

近所迷惑になることはなく、飼いやすいといわれています。もし、吠える場合には、なんらかの理由があると考えていいでしょう。

鳴き声は、中型犬らしく少し低い大きい鳴き声です。うるさいほど鳴き続けることはなく、飼い主に何かを伝えたい時に、鳴いて知らせる程度です。

もしどうしても吠えることが多い時には、外の物音や人の動きに反応している可能性があるため、カーテンで外が見えないようにしたり、静かな環境に整えてあげましょう。


ビアデッド・コリーの寿命・病気

ビアデッド・コリーの寿命は、14歳から15歳前後で中型犬の平均寿命と比較すると比較的長い寿命です。

外耳炎:外耳道に炎症が起きる疾患。垂れ耳や、長毛の犬種が発症しやすい病気ですので、ビアデッド・コリーは発症リスクが大変高いです。

耳を痒がったり、匂いがする場合には、動物病院で診てもらいましょう。重症化する前に治療することが必要です。

皮膚疾患:皮膚状で菌が繁殖する「膿皮症」、アレルギー性の皮膚炎「アトピー性皮膚炎」。

ビアデッド・コリーの長毛かつダブルコートの被毛は、日本の高温多湿の気候では蒸れるため、皮膚疾患を発症しやすいです。室内で飼育し、温度や湿度の調整をし、日々のブラッシングの際に皮膚状態も確認しましょう。

痒みがあると、脚で掻くだけではなく、壁などに体を擦り付けたり、患部を舐めたり噛んだりします。軽症のうちから治療を開始することが大切です。

眼疾患:結膜が傷つくことにより炎症が起こる疾患。ビアデッド・コリーの顔を覆う被毛が目に入り、結膜炎や流涙症などの眼疾患を発症することがあります。目の周りの被毛を、カットしたり、頭の上で縛ってあげたりしましょう。

フォンウビレブランド病:血が止まりにくくなる遺伝性血液疾患。犬の遺伝性出血疾患の中では、最も多くみられます。

止血において重要な役割を果たす、止血因子のフォンビレブランド因子が、血中に先天的に少ない、またはない、十分に機能しない病態をいいます。

症状としては、手術の際に血が止まりにくくなったり、鼻血がでたとき、発情したり、乳歯が抜けた時などに血が止まりにくく発覚することがほとんどで、日常生活で気がつくことは少ないです。

進行性網膜萎縮症:最悪の場合失明に至る疾患。網膜の異常から視覚障害を起こし、徐々に視力が落ちていく遺伝性疾患です。

一般的な症状としては、目が見えづらくなり、物にぶつかったり、まっすぐ歩けない、穴や溝に落ちるようになります。外出を嫌がるようになったり、時折ストレスを感じているような曇った顔をするようになります。

その結果元気がなくなり、運動失調になったり、二次的に、白内障を併発することもあります。発症する時期や進行具合は個体差がありますが、平均年齢は6歳前後、早い犬だと1歳未満から発症します。

早いうちに、見えづらくなると、犬自身が順応してしまい、発見が遅れることもあります。

進行性網膜萎縮症、フォンウビレブランド病以外は、日頃のケアで、予防や早期の発見が可能な疾患です。ビアデッド・コリーの長毛のダブルコートという特性を良く理解して、日常ケアをしっかりと行いましょう。

ビアデッド・コリー - bearded-collie




ビアデッド・コリーのしつけ・飼い方

ビアデッド・コリーは、愛情深く利口な犬種であるため、家庭で飼いやすい気質の犬種です。寿命まで健康に幸せに過ごせるような工夫をしましょう。

愛情深くて甘えん坊

ビアデッド・コリーは、明るく陽気で人との触れ合いが大好きな犬種です。

友好的なので、初めて会う人や犬とも仲良くなれる、人懐っこい性格が特徴です。家族との触れ合いも大好きなので、室内での飼育が合っています。

おおらかな性格で、神経質な面は少ないですが、飼い主と一緒に過ごしたいという気持ちが強すぎて、分離不安を起こしてしまうことがあるようです。

本来は忍耐強く、一頭でお留守番ができる犬種ですので、分離不安にならないように、うまくお留守番の練習をするといいでしょう。

しつけに関しては、非常に利口なことから、難しくはなく、初心者でも飼育は可能といわれている犬種です。

とくに子犬の頃はやんちゃな性格のため室内で暴れることもありますが、飼い主が言っていることをしっかり理解することができるため、根気強く伝えていくことで、徐々に落ち着いていきます。

運動はたっぷりとおこなって

ビアデッド・コリーは牧羊犬のため、非常に運動量が豊富で、毎日、1日2回1時間程度の散歩が必要です。

飼い主と遊ぶことが大好きなため、ボール遊びやドッグスポーツに挑戦してもいいでしょう。ランニングや、ドッグランで思いっきり走らせてあげると喜びます。

関節炎には気をつけて、たくさん体を動かしてあげましょう。

1番大切な被毛ケア

ビアデッド・コリーの被毛のお手入れは、他の犬種と比較しても、かなり手がかかります。

毎日のブラッシングはもちろん、定期的なトリミングが必要になります。ブラッシングを怠ると、すぐに絡まって毛玉になってしまうため気をつけましょう。

毛が目に入ってしまったり、口の周りの毛が汚れると、不衛生になったり、さまざまな疾患の原因になってしまうため、カットしたり、リボンで結んだり、常に清潔な状態でいられるようにしてあげます。

垂れ耳で長毛であることから、耳の疾患にも注意が必要で、被毛ケアのついでに耳の観察も行いましょう。汚れや、匂いを確認します。

ビアデッド・コリー - bearded-collie




ビアデッド・コリーの歴史

ビアデッド・コリーの祖先犬は、約2,000年前頃からスコットランドのハイランド地方で飼育されていたといわれるほど、古い犬種です。

1514年にポーリッシュローランド・シープドッグとスコットランドのコリー犬を交配させ、作られました。

その後、ビアデッド・コリーは第二次世界大戦の頃、絶滅寸前の危機に陥ります。ビアデッド・コリーを犬種として保存する頼みの綱であった、イギリス国内のビアデッド・コリークラブも解散に追い込まれてしまいます。絶滅は時間の問題とされていました。

しかし1940年代、偶然にもオリーブ・ウィルソン夫人に贈られた子犬のお陰で、ビアデッド・コリーは今日まで生き残ることができました。

作業犬に興味を持った、ウィルソン夫人は、シェットランド・シープドッグを注文しましたが、手に入らず、代わりに送られてきたのが、ビアデッド・コリーだったというのです。

夫人は、「ジーニー」と名づけて可愛がりました。

やがて、ビアデッド・コリーが絶滅寸線であることを夫人は知ります。繁殖に挑戦しますが、すでに生存しているビアデッド・コリーが少ないためなかなか交配相手を見つけることができませんでした。

ある日、ウィルソン夫人がブライトンの海辺を散歩していると偶然オスのビアデッド・コリー「バリー」と出会います。この出会いのおかげで、ビアデッド・コリーの絶滅は免れたのです。

現存しているビアデッド・コリーのほとんどが、このジーニーとバリーにつながる子孫とされています。


ビアデッド・コリーの値段価格

ビアデッド・コリーは、日本のペットショップで見つけることが難しい犬種ですが、ブリーダーは多数存在しています。

ブリーダーから迎え入れる場合の金額は、平均36万円程度です。

また、里親として迎える方法もあります。

ビアデッド・コリーは日本国内では比較的珍しい犬種ですが、飼育放棄や、ブリーダー崩壊によって保護されている個体が少なくありません。

血統にこだわらないという方は、ぜひ里親になる選択肢を検討してみてください。

ビアデッド・コリーは非常に穏やかで愛情深く、利口であることから、成犬になってから迎え入れても、素晴らしい家族の一員になってくれる犬種です。

賢さと人懐っこさを兼ね備えた大変魅力的なビアデッド・コリーに興味を持たれた方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

【限定割引中】2023年殿堂入りのフード&便利グッズ!

【キャットフード】カナガンデンタル

猫の健康を考えた、美味しく食べて健康になるキャットフードです!

天然のケア成分が含まれており、体内に負担をかけない原材料のみを扱っているため、食べるだけで綺麗で活気ある猫ちゃんになります。

私の周りでも良い評判をよく聞くので、全力でおすすめします。

今だけ最大20%OFFなので、興味がある方は一度試してみましょう!

【ドッグフード】安心犬活

【3冠達成】ナウフレッシュが「ペットフード総合満足度」「よいウンチがでるフード」「友だちに薦めたいフード」の3部門においてNo.1を獲得!

【新鮮な生肉・鮮魚を使用した高栄養フード】消化にやさしく美味しい、生(フレッシュ)の食材にとことんこだわり、乾燥肉やミートミールを使わない「100%」新鮮な生肉・鮮魚を使っています。

子犬の健康的な身体の発育に欠かせない動物性タンパク質、プレバイオティクス・プロバイオティクスをしっかり配合。お腹にやさしく、栄養をしっかり体内に吸収できます。

初回50%OFF、ぜひお試しください!

【便利グッズ】リモサボン

ペットの抜け毛で悩むことがなくなる、衣類用液体洗剤です!

衣類に抜け毛が付く原因は静電気です。この原因に着目し、独自のWコーティング成分を取り入れました。洗うたびに静電気の発生を抑え離毛効果を発揮し、合わせてペット特有のニオイ消臭もできます。

SNSでバズり、昨年は3ヵ月の予約待ちでしたが、今はすぐに購入ができるようです。

今だけ最大10%OFF、返金保証も付いているので、買わなきゃ損!

-犬の種類図鑑, 中型犬, 牧羊犬・牧畜犬, イギリス