犬の種類図鑑 大型犬 牧羊犬・牧畜犬 スロバキア チェコ

【チェコスロバキアン・ウルフドッグ】性格・寿命・値段などまとめ!

チェコスロバキアン・ウルフドッグ - czechoslovakian-wolfdog



チェコスロバキアン・ウルフドッグの基礎情報

・日本語表記:チェコスロバキアン・ウルフドッグ
・英語表記:Czechoslovakian Wolfdog
・原産地:旧チェコスロバキア
・発生:人為的発生
・種類:牧羊犬/牧畜犬
・サイズ:大型犬(60~65cm)
・体重:オス20kg~26kg、メス20kg~26kg



チェコスロバキアン・ウルフドッグの性格・特徴

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、オオカミの血筋をひく、飼い主への忠誠心に優れた犬種です。

チェコスロバキアン・ウルフドッグの性格

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、見た目のクールな印象と反して、飼い主やその家族に対し、従順で甘えん坊な性格です。

社交的で、おとなしく、素直といわれているのは、性格の良さを重視して作られたからといわれています。

しかし、オオカミの血が多く流れていることから、本能のままに動くと、恐れ知らずで勇敢な一面が現れ、コントロールが難しくなります。

飼い主は、必ず訓練によって主従関係と信頼関係を結び、リーダーとして認められなくてはなりません。

チェコスロバキアン・ウルフドッグの特徴

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、堅固な体躯構成をしており、引き締まった筋肉と、骨格、細身の顔立ちでクールな印象です。

体型、歩様、毛質、毛色、立ち耳、ふさふさの垂れ尾、および顔立ちは、オオカミに似ており、野性味があふれていますが、ドッグショーにも出場している、美しい犬種です。

同じウルフドッグのサールロース・ウルフドッグよりも小さい体つきをしていて、ウルフドッグの中では家庭での飼育がしやすいです。

ウルフドッグの中では飼育しやすいが初心者には不向き

同じウルフドッグである、サールロース・ウルフドッグと比較されることが多い、チェコスロバキアン・ウルフドッグですが、飼育のしやすさについても、サールロース・ウルフドッグと比べると容易といわれています。

その理由としては、犬の特性を強く引き継いでいるからと言われています。社交的で、遊び好き、素直で、実はおとなしいなど、家庭向きな気質です。

やや内向的ですが、しっかりとした訓練を行い、主人との主従関係を築くことができれば、子供にも優しく、小動物や、他の犬とも仲良くすることができます。

ただし、訓練が不十分の場合には、主従関係が逆転してしまい、コントロールできなくなるところが、初心者には向いていないといわれている所以です。

チェコスロバキアン・ウルフドッグ - czechoslovakian-wolfdog




チェコスロバキアン・ウルフドッグの毛色・目の色

チェコスロバキアン・ウルフドッグの被毛の色は、シルバーグレー、グレー、イエローグレーの3色で、いずれもウルフ系のものに限られています。

冬毛と夏毛の毛量が大きく違い、冬の間はふっくらとした外見ですが、夏場は、スリムな外見に変化します。

被毛は汚れにくく清潔で、獣臭さはありません。寒さにはには強く、雨や雪などの天候に耐性がありますが、暑さには弱いので注意が必要です。

とくに日本の高温多湿な夏は、「熱中症」「脱水症状」のリスクが高くなります。涼しい時間帯に散歩に行くようにしましょう。

爪が伸びるのが早いという特徴があります。2週間に1回は爪を切ってあげましょう。

爪切りを嫌がることがないように小さなうちから習慣付け、同じ動物病院に通うことで、爪切り嫌いにならないように気をつけましょう。


チェコスロバキアン・ウルフドッグの鳴き声

チェコスロバキアン・ウルフドッグの鳴き声は、大きくよく通る声です。

喜怒哀楽がはっきりしている犬種で、悲しい時にも声を出したり、オオカミの本能の名残で遠吠えをすることもあります。

しかし、無駄吠えや警戒吠えをしないのがウルフドッグ共通の特徴です。

臆病な性格ですので、吠えることがなくても、ストレスを感じている可能性があります。見知らぬ音や通りの人影などがあまり気にならないところで飼育してあげましょう。

人見知りが激しいので、来客時には、ケージやサークルに入れてあげると安心できます。鳴くことが無くても、ストレスを感じていたり、怯えている可能性があるため、見知らぬ人の出入りが激しい場所を避けて飼育をしてあげましょう。


チェコスロバキアン・ウルフドッグの寿命・病気

チェコスロバキアン・ウルフドッグの寿命は、13歳から16歳前後です。オオカミの血筋の影響で比較的長い寿命です。

また、病気も少なく大変健康で丈夫な犬種ですが、大型犬特有の疾患には注意しましょう。

股関節形成不全:股関節が正常に形成されず、歩行に異常が現れる疾患。大型犬に多い疾患で、ほぼ遺伝的に発症します。成長期に発症することが多いため、歩き方に異常を感じたら、動物病院を受診しましょう。

たまに歩き方がおかしいという場合は、前、横、後ろの三方向から動画を撮り、病院に持って行くと、適切な診断がされやすいです。

熱中症:体温上昇とともに、脱水によって血液が濃縮し、血圧が低下する疾患。悪化すると、死亡したり後遺症につながることがある非常に危険な症状です。

呼吸が荒く、心拍数もいつもより多い、舌や口の中が赤い、落ち着きがない様子をみせる、よだれが多い、ぼーっとしている、ふらふらしているなどの症状があればすぐに応急処置や動物病院の受診が必要です。

チェコスロバキアン・ウルフドッグ - czechoslovakian-wolfdog




チェコスロバキアン・ウルフドッグのしつけ・飼い方

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、オオカミの血筋を引く犬種です。よく性質を理解した上で飼育をしましょう。

人見知りが激しく臆病な気質

チェコスロバキアン・ウルフドッグはオオカミの性質を引き継いでいるため、基本的には臆病です。

人見知りが激しいため、生後3週から社会性を身につける訓練を始めましょう。いろいろな人や犬に会わせたり、音を聞かせてあげましょう。

生後1年半で成犬になるといわれているため、遅くても成犬になる前にしつけや訓練を完了しなければ、コントロールが難しくなってしまいます。

寂しがり屋の一面も、群れで生活をしていたオオカミの特徴です。2頭以上の多頭飼いがおすすめですが、むずかしい場合は、室内で飼育し家族との触れ合いの時間を増やしてあげます。

長い時間の留守番はストレスになりますので気をつけましょう。

飼い主や、家族との触れ合う時間が長ければ長いほど、信頼関係が強くなり、しつけや訓練がしやすくなります。

しつけや訓練は必須で初心者には不向き

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、賢く従順な犬種です。

しかし、オオカミ特有の自立心や頑固な一面もあるため、しつけや訓練は他の牧羊犬と比較すると難しいです。そのため、初心者には不向きとされている犬種です。

まずは信頼関係を結び、リーダーとして認められることから始めなければなりません。

飼い主が頼りないと思われると、コントロールが難しくなりますので、指示は的確に、毅然とした態度で行います。

触れ合う時間に比例して信頼関係も増しますので、毎日なるべく触れ合う時間を作りましょう。

普段の生活でも、役割を与えたり、指示を出してその通りにできたら褒めてあげるなど、日常生活にも訓練を取り入れるとよいかもしれません。

膨大な運動量が必要

チェコスロバキアン・ウルフドッグの散歩は1日2〜3時間時間をかけて行ってあげましょう。

自転車で並走したりジョギングで走らせてあげると喜びます。舗装された道を走るよりも、野山や自然を感じられる場所が理想的です。

運動不足が続いたり、長い時間飼い主に会えず寂しい思いをすると、ストレスが溜まり、ものを破壊するなど、問題行動をすることがあります。

また、肥満や、筋力の低下はさまざまな疾患の原因となりやすいため気をつけましょう。

毎日の運動だけではなく、フードにも気をつけてあげることが必要です。肥満にならないカロリー管理と筋肉量に見合った高タンパクな食事を用意してあげましょう。

チェコスロバキアン・ウルフドッグ - czechoslovakian-wolfdog




チェコスロバキアン・ウルフドッグの歴史

チェコスロバキアン・ウルフドッグは、犬とオオカミの交配によって生み出されたハイブリッド種です。

1955年のチェコスロバキア社会主義共和国では、当時軍事攻撃犬として活躍していた、ジャーマン・シェパード・ドッグよりも優れた軍用犬を求めていました。

そこで、地元で生息していたカルパチアウルフと、学習能力が高いジャーマン・シェパード・ドッグを交配させるという生物学的な実験が開始されます。

その結果、それらの子孫は、飼育可能になることが実証されました。

1965年、オオカミと犬のよい部分だけを併せ持った新しい犬種を作るため、新犬種の繁殖プランが計画されました。

遺伝子の改善と犬質の強化のため別のカルパティアウルフを交配させたり、オオカミの血が濃くなりすぎないようにさらにジャーマン・シェパード・ドッグを交配させながら綿密な調整を行い、この犬種が完成します。

1982年に旧チェコスロバキアのブリーダーズ・アソシエーションの執行委員会を通して、チェコスロバキアン・ウルフドッグは国内犬種として公認されました。

現在では、主に家庭犬やショードッグ、ドッグスポーツ用の犬種として世界的な人気があります。


チェコスロバキアン・ウルフドッグの値段価格

チェコスロバキアン・ウルフドッグは日本ではペットショップでは見ることができない珍しい犬種です。

国内輸入が許可されたチェコスロバキアンドッグは現在のところ2頭といわれているほど、大変珍しい犬種です。

海外での販売価格は15万円前後ですが、個人輸入をする場合、諸経費や送料がかかりますので50万円以上かかるといわれています。

ウルフドッグに興味がある方にとっては、チェコスロバキアン・ウルフドッグは魅力的な犬種ですが、日本の気候がこの犬種に向いていないことや、飼育には十分なスペースと、運動量が必要なこと、さらに高い訓練技術が必要なことを十分に理解しなければいけません。

ぜひ本記事を参考にして、チェコスロバキアン・ウルフドッグについて知っていただければと思います。

【限定割引中】2023年殿堂入りのフード&便利グッズ!

【キャットフード】カナガンデンタル

猫の健康を考えた、美味しく食べて健康になるキャットフードです!

天然のケア成分が含まれており、体内に負担をかけない原材料のみを扱っているため、食べるだけで綺麗で活気ある猫ちゃんになります。

私の周りでも良い評判をよく聞くので、全力でおすすめします。

今だけ最大20%OFFなので、興味がある方は一度試してみましょう!

【ドッグフード】安心犬活

【3冠達成】ナウフレッシュが「ペットフード総合満足度」「よいウンチがでるフード」「友だちに薦めたいフード」の3部門においてNo.1を獲得!

【新鮮な生肉・鮮魚を使用した高栄養フード】消化にやさしく美味しい、生(フレッシュ)の食材にとことんこだわり、乾燥肉やミートミールを使わない「100%」新鮮な生肉・鮮魚を使っています。

子犬の健康的な身体の発育に欠かせない動物性タンパク質、プレバイオティクス・プロバイオティクスをしっかり配合。お腹にやさしく、栄養をしっかり体内に吸収できます。

初回50%OFF、ぜひお試しください!

【便利グッズ】リモサボン

ペットの抜け毛で悩むことがなくなる、衣類用液体洗剤です!

衣類に抜け毛が付く原因は静電気です。この原因に着目し、独自のWコーティング成分を取り入れました。洗うたびに静電気の発生を抑え離毛効果を発揮し、合わせてペット特有のニオイ消臭もできます。

SNSでバズり、昨年は3ヵ月の予約待ちでしたが、今はすぐに購入ができるようです。

今だけ最大10%OFF、返金保証も付いているので、買わなきゃ損!

-犬の種類図鑑, 大型犬, 牧羊犬・牧畜犬, スロバキア, チェコ