犬の種類図鑑 大型犬 牧羊犬・牧畜犬 スイス

【ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ】性格・寿命・値段などまとめ!

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ - white-swiss-shepherd-dog



ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの基礎情報

・日本語表記:ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ
・英語表記:White Swiss Shepherd Dog
・原産地:スイス
・発生:人為的発生
・種類:牧羊犬/牧畜犬
・サイズ:大型犬(55~66cm)
・体重:オス30kg~40kg、メス25kg~35kg



ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの性格・特徴

ジャーマン・シェパード・ドッグの白色種である、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは、ジャーマン・シェパード・ドッグと比較し、穏やかで柔和であることから、室内で飼育することが推奨されている大型犬です。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの性格

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは、飼い主への忠誠心が高く、非常に知的で忍耐強い性格です。

友好的で、温厚、柔和な性格のためか柔らかくおっとりした雰囲気をもっています。

家族はもちろん他の犬とも仲良く遊ぶこともあります。社会性を身につければ、家族以外にも人懐っこい姿を見せてくれます。

飼い主の声のトーンや顔つき、態度から飼い主の心理を見抜き、悲しんでいる時にはそっと寄り添ってくれるような優しいところがあります。

この犬種は、改良を重ね家庭犬に適した気質になるように作られています。そのため、控えめで辛抱強く、室内で飼育できる大型犬として知られています。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの特徴

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの特徴は、真っ白な美しい皮毛と整った顔立ち、筋肉で引き締まった体と太い尻尾です。

また、子犬の頃には折れている耳は、成犬になるとピンと立ちとても大きな耳になります。立ち姿が美しく凛としていて、目を惹く外見です。

ジャーマン・シェパード・ドッグよりもやや大きくなることがあります。ジャーマン・シェパード・ドッグが一般に背中のラインが極端に傾斜するスタイルであることに対し、この犬種は、平行的なラインを保っています。

作業犬としての能力が高く、オーストラリアでは、作業犬としての能力を重視した繁殖が行われ、災害救助犬としても活躍しています。

ジャーマン・シェパードを穏やかにした犬種

優秀な軍用犬を作るため、ジャーマン・シェパードを作っていた時に、生まれてきた白いシェパードを元に、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグがつくられました。

また、ジャーマンシェパードと同じような賢さや、高い作業能力を持ちながら、改良により、穏やかで柔和な性格になりました。

ジャーマン・シェパード・ドッグと比較して、闘志や攻撃性も持っていないため、人懐っこく家庭犬としての適性は高いですが、その反面番犬には向いていません。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ - white-swiss-shepherd-dog




ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの毛色・目の色

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの毛色は、ホワイトのみです。

被毛はダブルコートで、ミディアムコートとロングコートの2種類があります。どちらも下毛はやわらかく、密生しています。上毛は固く、下毛に密着して生えています。

換毛期には抜け毛が増えるため、ブラッシングをこまめに行い、皮膚疾患に注意しましょう。

この犬種は、皮膚が弱いことが特徴です。ブラッシングのタイミングで皮膚症状も一緒に確認し、異常があれば早めに動物病院を受診しましょう。

シャンプーは3ヶ月に1回の頻度で行い、それまでに汚れた時は、必要に応じて軽く汚れを取り、常に清潔な状態にしてあげましょう。


ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの鳴き声

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは、無駄吠えをほとんどしない犬種です。非常に賢く、落ち着きがある性格のため、警戒心はありますが必要以上に吠えることはありません。

しかし、子犬の頃から、しつけや社会性を身につける訓練を行うことは必要で、この犬種の賢さを引き出すのは飼い主の努力が必要であることを忘れてはいけません。

鳴き声は、大きく太く、高い声で、牧羊犬らしく遠くまで響きます。警戒吠えや要求吠えはしますので、すぐに止めさせられるようなしつけが必要になります。


ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの寿命・病気

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの寿命は、10歳〜12歳で、他の大型犬と比較すると平均的な寿命です。

ホワイト・スイスシェパードはまだ歴史が浅い犬種であることから、遺伝性疾患や、発症しやすい疾患の情報が少ない犬種です。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグに多い皮膚疾患に加え、大型犬に多い疾患については注意しましょう。

股関節形成不全:股関節が正常に形成されず、歩行に異常が現れる疾患。大型犬に多い疾患として、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグも気をつけるようにしましょう。

特に成長期に歩き方に異変を感じたら、動物病院を受診しましょう。動物病院へ連れて行くと、緊張や環境の変化で、いつものように歩けないことがあります。事前に前、横、後ろの三方向から動画を撮っておくと、適切な診断がされやすいです。

皮膚炎:細菌感染やアレルギーなどによって皮膚に炎症が起こる疾患。ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは皮膚が弱いことで知られている犬種です。

そのため、室内での飼育が推奨されているほどです。ブラッシングの時には皮膚の状態も観察し、異常があればすぐに動物病院へいきましょう。皮膚が弱い場合は、毎日のフードを質の高いものに変えると改善することがありますので、獣医師に相談をしてみましょう。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ - white-swiss-shepherd-dog




ホワイト・スイス・シェパード・ドッグのしつけ・飼い方

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは、警察犬として活躍しているイメージが強い犬種ですが、家庭犬としても愛されている魅力の多い犬種です。

子犬の頃から躾と訓練を開始する

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは、非常に賢く利口な犬種ですが、しつけや社会性を身につけさせるためには、飼い主の努力も必要です。

子犬の頃に甘やかしすぎると、成犬になってから問題行動を起こすことがあります。大型犬のため、力が強くコントロールできなくなるため注意が必要です。

まずは、リードトレーニングにより、飼い主の横を同じスピードで歩けるようにしましょう。温厚な性格なので、大声で強制するのではなく、たくさん褒めて行うしつけ方法にしましょう。

運動量が豊富の犬種

元々牧羊犬で優秀な作業犬であったことから、たくさんの運動と、頭を使う作業が好きです。

遊び好きな性格でもあるため、室内外問わず、たくさん遊んであげましょう。

散歩は1日2回の60分ずつは行ってあげましょう。他の犬とも友好的に接するため、ドッグランで思いっきり遊ばせてあげてもトラブルにはなりにくいでしょう。

おもちゃを隠して探させる嗅覚を刺激するゲームや、ボール投げなども取り入れてみましょう。急に激しい運動をすると関節を痛めるため、様子を見ながら行います。

夏場は熱中症に注意

日本の高温多湿の気候は、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグにとって注意が必要です。

夏場には、涼しい時間帯に散歩を行い、熱中症や脱水症状に気をつけましょう。

夏場は室内で飼育することもできますが、その際は床がすべって股関節などに負担をかけないように、カーペットを敷くなど滑り止め対策を行いましょう。

夏場の室内は、犬がハァハァしないことを目安に低い温度設定をし、湿度にも気をつけて涼しくしてあげましょう。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ - white-swiss-shepherd-dog




ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの歴史

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグはジャーマン・シェパードと同様の歴史を持っています。

1882年には白いジャーマンシェパード・ドッグに関する最古の記録が残されています。

元々優れた牧羊犬でしたが、優秀な軍用犬を作るためにドイツで交配が行われていました。その際に白い犬も使用されていたため、白いシェパードが生まれることがありました。

しかし、第一次世界大戦中に軍用犬として交配されていたため、白変種した個体は劣勢種と考えられ淘汰されていた悲しい歴史があります。

それを憂慮したアメリカや、カナダのブリーダーが、ホワイト・シェパード・ドッグを持ち帰り繁殖をおこなったことで、一つの犬種として認められることになります。

1912年にアメリカでこの犬種の温厚な性格から人気が出て、1917年にアメリカンケネルクラブに公認されます。

1966年アメリカで生まれた牡犬「ロボ」がスイスに渡り、さらに改良が重ねられ現在のホワイト・スイス・シェパード・ドッグが確立します。

日本では、1990年代に輸入されはじめ、愛好家の増加とともに2001年12月1日に日本ホワイトシェパード犬協会が設立され、2004年にジャパンケネルクラブで公認を受けました。


ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの値段価格

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは、ペットショップで見かけることはほとんどない珍しい犬種です。

ブリーダーから購入することになりますが、販売価格は、ジャーマン・シェパード・ドッグよりも少し高く30万円前後です。

ブリーダーの数も限られていることから、飼育を希望している場合は、早めに予約を入れるといいでしょう。

また、遺伝性疾患はあまり知られていないため、親や兄弟の病歴、気質などは確認するといいでしょう。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは家の中での飼育が可能な賢く温厚な大型犬です。

また、美しく目を惹く外見が魅力でもあります。この犬種に興味を持たれた方は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

【限定割引中】2023年殿堂入りのフード&便利グッズ!

【キャットフード】カナガンデンタル

猫の健康を考えた、美味しく食べて健康になるキャットフードです!

天然のケア成分が含まれており、体内に負担をかけない原材料のみを扱っているため、食べるだけで綺麗で活気ある猫ちゃんになります。

私の周りでも良い評判をよく聞くので、全力でおすすめします。

今だけ最大20%OFFなので、興味がある方は一度試してみましょう!

【ドッグフード】安心犬活

【3冠達成】ナウフレッシュが「ペットフード総合満足度」「よいウンチがでるフード」「友だちに薦めたいフード」の3部門においてNo.1を獲得!

【新鮮な生肉・鮮魚を使用した高栄養フード】消化にやさしく美味しい、生(フレッシュ)の食材にとことんこだわり、乾燥肉やミートミールを使わない「100%」新鮮な生肉・鮮魚を使っています。

子犬の健康的な身体の発育に欠かせない動物性タンパク質、プレバイオティクス・プロバイオティクスをしっかり配合。お腹にやさしく、栄養をしっかり体内に吸収できます。

初回50%OFF、ぜひお試しください!

【便利グッズ】リモサボン

ペットの抜け毛で悩むことがなくなる、衣類用液体洗剤です!

衣類に抜け毛が付く原因は静電気です。この原因に着目し、独自のWコーティング成分を取り入れました。洗うたびに静電気の発生を抑え離毛効果を発揮し、合わせてペット特有のニオイ消臭もできます。

SNSでバズり、昨年は3ヵ月の予約待ちでしたが、今はすぐに購入ができるようです。

今だけ最大10%OFF、返金保証も付いているので、買わなきゃ損!

-犬の種類図鑑, 大型犬, 牧羊犬・牧畜犬, スイス