犬の種類図鑑 小型犬 愛玩犬 フランス

【フレンチ・ブルドッグ】性格・寿命・値段などまとめ!

フレンチ・ブルドッグ-French-Bulldog



フレンチ・ブルドッグの基礎情報

・日本語表記:フレンチ・ブルドッグ
・英語表記:French Bulldog
・原産地:フランス
・発生:人為的発生
・種類:愛玩犬
・サイズ:小型犬(24cm〜35cm)
・体重:オス 9kg~14kg、メス 8kg〜13kg



フレンチ・ブルドッグの性格・特徴

フレンチ・ブルドッグは、愛嬌のある表情と甘えん坊な性格で、人気犬種として定着している犬種です。

かつてはネズミ捕りとして活躍していましたが、可愛らしい見た目が人気を呼び、家庭犬として飼育されるようになりました。

フレンチ・ブルドッグの性格

フレンチ・ブルドッグは、明るく陽気で友好的な性格が魅力的な犬種です。

基本的には穏やかで大人しい気質ですが、ごく稀に、興奮して他の犬とケンカになることもありますので注意してください。

飼い主に対しては、愛情深く甘えん坊で、やきもちを焼くことがあるようです。繊細な一面もあり、落ち込みやすいため、厳しく叱ったり乱暴な態度をとることはやめましょう。

飼い主に忠実で、物覚えもいいため、しつけしやすく、飼育しやすい犬種です。

フレンチ・ブルドッグの特徴

フレンチ・ブルドッグは、小型のモロシアンタイプの犬種です。

モロシアンタイプとは、古代ローマ時代の軍用犬を基に改良された犬種です。そのため、小柄の割に、筋肉質で力強く、がっしりとした体型です。

頑丈で幅広く、四角い頭部をもち、頭部の皮膚には左右対称のヒダとシワが入っています。

スカルは幅広く、両耳はほぼ平らで、額はドーム型になっています。オクシパッド(後頭部)はほとんどわからず、ストップ(両目の間にある、スカルとマズルの接続部のくぼみ)ははっきりとしています。

マズルはたいへん短く、幅広で先端は丸みを帯びています。また、よく発達した、たくましい顎をもっています。

興奮すると周りが見えなくなってしまうことも

フレンチ・ブルドッグは、普段は穏やかで、大人しい犬種で、家の中では、ゴロゴロしていたり、寝ていることも多いですが、来客時や、外出前などは落ち着きがなくなるようです。

また、何かのきっかけで興奮したり、夢中になっているときは、飼い主が声をかけたりコマンドを言っても気がつかないことが多いようです。

興奮すると、周りが見えなくなってしまうようで、他の犬と遊んでいるうちに、ケンカになることもあるため、注意してください。

フレンチ・ブルドッグ-French-Bulldog




フレンチ・ブルドッグの毛色・目の色

フレンチ・ブルドッグの被毛は、なめらかで密に生えており、やわらかで光沢があります。

下毛のないシングルコートですが抜け毛が多く、短く堅い抜け毛は洋服などに刺さると取りづらいため、こまめなお手入れが必要です。

ラバーブラシなどで、ブラッシングしてあげるといいでしょう。また、シャンプーは抜け毛を取り除くことに適していますので、適宜行ってください。

毛色は、フォーン、ブリンドル、およびこれらの毛色にホワイトの斑がある個体もいます。

ホワイト一色の個体は、まぶたや鼻がブラックであれば認められていますが、「パイボールド遺伝子(白地に有色の斑のある毛色)」による難聴のリスクがあるため、繁殖には適さないとされています。

フレンチ・ブルドッグの目は、活き活きとした表情で、位置は低く、鼻と耳から離れてついています。かなり大きく丸みを帯びており、色はブラックです。


フレンチ・ブルドッグの鳴き声

フレンチ・ブルドッグは、穏やかで大人しい性格をしており、無駄吠えが少ない犬種です。

ただし、縄張り意識が強く、同性の犬に吠えることがあるようです。興奮しやすいところがあり、突然スイッチが入り、吠えてしまうことがあります。

興奮している間は、飼い主の声も届きにくいですが、子犬の頃から、落ち着かせる訓練をしておくといいでしょう。また、多頭飼いで他の犬が吠えやすい気質の場合、つられて吠えてしまうこともあるようです。

基本的には、吠えにくく、無駄吠えもほとんどないため、家庭犬として飼育しやすい犬種です。


フレンチ・ブルドッグの寿命・病気

フレンチ・ブルドッグの寿命は10歳〜14歳と、他の小型犬と比較するとやや短命といえます。

マズルが短く、呼吸器系の疾患を発症しやすいことが、理由として考えられますが、健康管理と病気を早期発見し治療をすることで、平均寿命よりも長生きする可能性があります。

チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出):目頭にある第三眼瞼(瞬膜)が飛び出してしまう疾患。

第三眼瞼は下まぶたの内側にあり、眼球を保護したり、涙を分泌したりする大切な役割を担っています。普段は目頭の中に隠れているため、見えることはありません。

チェリーアイは、第三眼瞼の根本の付け根が緩むことにより起こります。フレンチ・ブルドッグは遺伝的要因や外傷、目の炎症などが原因で発症するため、年齢に関係なく注意が必要な疾患です。

本来は炎症を抑える点眼薬を持続的に使ったり、目を擦らないようにエリザベスカーラーをつけるなどの対応がとられます。

外科的治療で飛び出した第三眼瞼を正常な位置に戻して縫い合わせることも可能ですが、再発する可能性があります。

短頭種気道症候群:呼吸が正常に行えなくなる短頭種に発症する疾患。

フレンチ・ブルドッグは、マズルが短く、短頭種特有の呼吸器疾患には注意が必要です。本疾患は、空気の通り道が狭くなり、呼吸が正常に行えないような症状が現れます。

「口を閉じて呼吸するときにズーズー、ブーブーと音がする」「口を開けて呼吸する時に、ガーガーと音がする」や、いびきが大きいなど気になる症状があれば、早めに動物病院を受診しましょう。

肥満は、発症リスクをあげますし、高温多湿の夏場は症状が悪化しやすいため、十分に注意してください。

アトピー性皮膚炎:アレルギーによる皮膚の痒みや炎症を引き起こす疾患。

フレンチ・ブルドッグは、皮膚がデリケートで、皮膚症状が出やすい犬種です。アトピー性皮膚炎は、遺伝的要因で引き起こされます。

主な症状は痒みですが、患部を舐め続けたり噛むことで、炎症や細菌感染などを発症することがあります。

皮膚症状に気がついた時は、なるべく早く動物病院で診てもらうようにしましょう。

フレンチ・ブルドッグ-French-Bulldog




フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方

フレンチ・ブルドッグは、愛嬌のある表情と穏やかな気質が人気となり、飼育数が増えていますが、健康管理が重要な犬種ですので、飼育方法をご紹介します。

お手入れしながら健康チェック

フレンチ・ブルドッグは、目、耳、皮膚などの疾患を発症しやすい犬種です。毎日のブラッシングなどのお手入れの際に、目や耳、足先など触りながら観察してみましょう。

子犬の頃から、さまざまな場所を触られることに慣れておくと、動物病院を受診した時に、ストレスを軽減できます。

また、異常がみられた時には、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

都市部でも室内飼いしやすい犬種

フレンチ・ブルドッグは、無駄吠えも少なく、運動量もそれほど多くないため、都市部の集合住宅でも飼育しやすい犬種です。

ただし、滑りやすいフローリングは、マットをしくなど関節に負担をかけないように注意してください。

寂しがり屋で留守番が苦手なため、子犬の頃から安心して過ごせるケージを用意して、留守番中に安心して過ごせる場所を作ってあげましょう。

運動量は少なく暑い日は無理しないで

フレンチ・ブルドッグは、短頭種で呼吸がしづらく、体温調節が他の犬よりも苦手なため、運動量が多いと体の負担になってしまい注意が必要です。

散歩は、1日2回合計30分程度を目安に行ってください。散歩中も様子を見ながら行い、暑い日や体調が優れない日は無理して行わない方がいいでしょう。

熱中症にもなりやすいため、夏場は涼しい時間帯に、短い時間散歩するようにしてください。

フレンチ・ブルドッグ-French-Bulldog




フレンチ・ブルドッグの歴史

フレンチ・ブルドッグは、他のマスティフタイプの犬種と同様に、モロシア犬に由来しており、他のマスティフとも関係があります。

1880年代に、フランスのパリの下町で熱心なブリーダーによって、異種交配が行われ、生み出されました。ミニチュア・ブルドッグが基となり、パグやテリアが交配に使われたといわれています。

当初は、労働者階級の人々の間で飼育されていましたが、その独特な容姿と特徴は、上流階級や芸術家の間で注目を浴び、急速に広まっていきます。

とくに芸術関連の人々から人気が高く、ロートレックの作品である「栗売り(1897年)」にもフレンチ・ブルドッグが描かれています。

最初の犬種クラブは、フランスのパリで設立され1880年のことでした。ドッグショーのデビューは1887年で、1898年に本犬種のスタンダードが作成されています。

日本には、大正時代に初めて紹介され、昭和初期には数多く飼育されていました。その後、日本での人気は一時期衰えましたが、2000年代に入り著名人が飼育するなど話題になると、人気が復活していきました。


フレンチ・ブルドッグの値段価格

フレンチ・ブルドッグは日本でも家庭犬として人気な犬種です。

国内のブリーダーも多く、ペットショップでも見かけるため、自分にあったフレンチ・ブルドッグと出会えるでしょう。

子犬の価格は、平均45万円ほどですが、チャンピオンの血統をもつ場合80万円ほどになることもあります。

愛嬌のある顔と、個性的な容姿は男女問わず高い人気があります。しかし、発症しやすい疾患があることや、短毛種といえど手入れが欠かせない犬種であることは、あまり知られていないかもしれません。

フレンチ・ブルドッグに興味を持たれた方は、ぜひ、本記事で本犬種について知っていただければと思います。

【限定割引中】2023年殿堂入りのフード&便利グッズ!

【キャットフード】カナガンデンタル

猫の健康を考えた、美味しく食べて健康になるキャットフードです!

天然のケア成分が含まれており、体内に負担をかけない原材料のみを扱っているため、食べるだけで綺麗で活気ある猫ちゃんになります。

私の周りでも良い評判をよく聞くので、全力でおすすめします。

今だけ最大20%OFFなので、興味がある方は一度試してみましょう!

【便利グッズ】リモサボン

ペットの抜け毛で悩むことがなくなる、衣類用液体洗剤です!

衣類に抜け毛が付く原因は静電気です。この原因に着目し、独自のWコーティング成分を取り入れました。洗うたびに静電気の発生を抑え離毛効果を発揮し、合わせてペット特有のニオイ消臭もできます。

SNSでバズり、昨年は3ヵ月の予約待ちでしたが、今はすぐに購入ができるようです。

今だけ最大10%OFF、返金保証も付いているので、買わなきゃ損!

-犬の種類図鑑, 小型犬, 愛玩犬, フランス