犬の種類図鑑 中型犬 牧羊犬・牧畜犬 イギリス

【シェットランド・シープドッグ】性格・寿命・値段などまとめ!

シェットランド・シープドッグ - shetland-sheepdog



シェットランド・シープドッグの基礎情報

・日本語表記:シェットランド・シープドッグ
・英語表記:Shetland Sheepdog
・原産地:イギリス
・発生:人為的発生
・種類:牧羊犬/牧畜犬
・サイズ:中型犬(33~41m)
・体重:オス6kg~12kg、メス6kg~12kg



シェットランド・シープドッグの性格・特徴

シェットランド・シープドッグは、小型で長毛の優美な牧羊犬です。機敏で優しく、飼い主に対して愛情深い性格をしています。

シェットランド・シープドッグの性格

シェットランド・シープドッグは、知的で優しく活動的です。

飼い主に対し深い愛情を見せますが、見知らぬ人に対してはそっけなく打ち解けようとしません。しかし、神経質であったり、攻撃的な気質はありません。

服従心が高く、状況を判断する知性と理解力を持ち合わせています。牧羊犬時代の名残で、警戒心が強く吠えるため、番犬の役割を果たすことができます。

シェットランド・シープドッグの特徴

シェットランド・シープドッグの特徴は、体長より体高がやや長く、被毛でわかりづらいですが筋肉質な体をしています。

胸は船形で深く、鼻は長く、耳は前方に傾き先端が折れているものが理想とされています。

小型のコリーとよく表現されますが、ラフ・コリーとは足脚と胴体のバランスや、位置などのプロポーションが異なるため、同じ外見ではありません。

また、頭蓋骨では鼻根と目の間にストップがあることが標準とされていますが、ラフ・コリーにはありません。

首の周りから、胸にかけての襟巻きのような美しい飾り毛があります。一般的に雄の方が毛量が多く豪華な飾り毛なことが多いようです。

初心者にも飼いやすい家庭犬

犬の飼育の初心者でもまめなブラッシングを楽しめる方には、ぴったりの犬種です。

賢いためしつけがしやすく、個体差もあるようですが、しっかりしつければ無駄に吠えることがないため、マンションなどの集合住宅地で飼育されている家庭も多いです。

警戒心が強いため、人馴れ、環境慣れには時間がかかるようですが、教えたことはすぐに覚えてしまうため、初心者でも飼いやすい犬種です。

牧羊犬らしい神経質さは残っているため、怪しい物音に反応しやすいことがあります。外の音があまり聞こえないようにするなど、安心して生活できる環境を整えてあげましょう。

シェットランド・シープドッグ - shetland-sheepdog




シェットランド・シープドッグの毛色・目の色

シェットランド・シープドッグは、長く粗い毛質の上毛と、柔らかく短く密生した下毛のダブルコートです。

首の周りの飾り毛が豊かで豪華な雰囲気があります。前足や、ホックの上の後肢は豊かな毛で覆われています。

毛色は、セーブル、トライカラー、ブルーマール、バイブルー、ブラック&ホワイト、ブラック&タとバラエティに富んでいます

なお、ブルーマールとバイブルーのみ青い目が認められています。

セーブルの中に、ブルーの持つ淡色化遺伝子を持つセーブルマールというものもありますが、この色素の犬では奇形や遺伝子疾患が起こるため、セーブルマールは公認されていません。

ブラック&タンはシェットランド・シープドッグの作出当初は存在していましたが、選択交配が進むうちに見られなくなってしまった毛色で、大変珍しいです。


シェットランド・シープドッグの鳴き声

シェットランド・シープドッグは、最初のしつけがうまく行われなかった場合や、個体によっては、無駄吠えや警戒吠えを激しくする場合があります。

実際マンションで飼育をしていて、鳴き声に悩まされている飼い主もいます。

一方で、全く吠えることがなくて飼いやすいと言われている飼い主もいるため、やはり子犬のうちからのしつけと社会性を身につけることが重要です。

シェットランド・シープドッグは、牧羊犬の気質を残しているため、警戒心が強く繊細な性格です。

物音に敏感に反応して吠えてしまうこともありますので、その音には不安要素がなく、何事も起こらないことを理解させ安心させてあげる必要があります。

音に対して、無視することができたら褒めてあげるなどの家族全員で一貫した態度でしつけを行うことが大切です。


シェットランド・シープドッグの寿命・病気

シェットランド・シープドッグの寿命は、12歳から13歳前後で中型犬の平均寿命と比較すると少し短いです。

これには、この犬種の遺伝性疾患や後天的疾患の発症リスクが他の犬種と比較して高いということが理由にあげられます。

コリーアイ:網膜や脈絡膜といった眼球の底部に存在する部位に異常がみられる疾患。

コリー種やシェットランド・シープドッグに多い、遺伝性疾患です。症状には個体差があり、一生を通して無症状の場合もありますし、失明に至ることもあります。

遺伝様式は常染色体劣性で、発症しない犬でもこの病気の「キャリア」である可能性があります。親、兄弟、血縁の犬に同じ疾患がいないかの確認、また遺伝子検査が大切です。

突発性てんかん:脳内に明らかな病変がないにもかかわらず、けいれん発作を引き起こす疾患。

原因が不明のため、根本的な治療法はなく、抗てんかん薬を服用して発作をコントロールすることになります。服用しても、完治することはなく、一生飲み続けることになります。

胆嚢粘液嚢腫:胆嚢の中に流動性の低い粘液が貯留して大きくなる疾患。症状は、元気と食欲がなくなり、黄疸が出てきます。

胆汁の出口が詰まり、胆道閉塞を起こし、最悪の場合は胆嚢が破裂してしまいます。シェットランド・シープドッグは、他の犬種と比較して、血中のコレステロール値が高いことが多く、このことがこの疾患の発症リスクを高めています。

血液検査や超音波で、胆嚢の状態を定期的に確認するといいでしょう。

シェットランド・シープドッグ - shetland-sheepdog




シェットランド・シープドッグのしつけ・飼い方

シェットランド・シープドッグは、人気の犬種で飼育されている家庭も多いですが、牧羊犬特有の気質をよく理解して飼育することが大切です。

しつけと訓練によって安心して暮らせる環境づくり

シェットランド・シープドッグは学習能力が高く、従順なのでしつけのしやすい犬種です。

飼育のしやすさから、犬の飼育の初心者でも飼うことはできますが、家族で一貫した姿勢で、しつけを行わなければ、吠えるなどの問題行動に悩まされることになるかもしれません。

しつけにとって、1番大切なのは飼い主との信頼関係と主従関係です。

そこで必要なのが、「リーダーウォーキング」です。リードを引っ張らずに、自発的に飼い主の足元に寄り添って歩くことがてきれば、信頼関係が築けたことになります。

物音や、人影にも敏感に反応してしまう気質ですので、子犬のうちからいろいろな音に慣れさせ、不安になる必要がないことを教えてあげましょう。

身体能力の高さを生かした運動を楽しむ

シェットランド・シープドッグは、牧羊犬のため、十分な運動が必要です。

毎日、1日2回30分〜1時間程度の散歩をしてあげましょう。時には、コースを変えたり、ジョギングを加えたり、ドッグランで自由に走らせてあげましょう。

また、身体能力が高い犬種なので、アジリティやフライングディスク(フリスビー)ドッグスポーツでも活躍することができます。

運動不足になると、無駄吠えにつながるため注意が必要です。

被毛のケアは楽しんで行いましょう

美しく特徴的な被毛は、毎日のブラッシングが大切です。被毛のまめなケアを楽しめる方に、ピッタリの犬種です。

トリミングは必要なく、もしカットしたいのであれば、汚れやすいお腹やお尻、足の毛に留めておきましょう。

サマーカットしてしまうと、カットしたところの毛がなかなか生えてこないこともあるようです。

シャンプーは1〜2ヶ月に1回で問題ありません。シャンプーの後は、しっかり乾かさなければ、皮膚炎になりますので気をつけましょう。

シェットランド・シープドッグ - shetland-sheepdog




シェットランド・シープドッグの歴史

シェットランド・シープドッグの起源は英国最北端シェットランド諸島原産の牧羊犬です。

荒涼とした土地のため、シェットランド・ポニーをはじめ動物も植物も通常の大きさに成長しないのがこの島の特徴でした。この犬種も同じように、長い年月の間に小型化したと考えられています。

シェットランド・シープドッグの歴史は古く、スコットランドの牧羊犬の歴史に匹敵します。

一説によると、ボーダー・コリーの祖先犬となるスコットランドの家畜番をしていた犬と、くじら漁のために北海へきた漁師が連れてきたサモエドなどのスピッツタイプの犬種が混じり、さらにラフ・コリーを加えて、作出されたと伝えられています。

シェットランド・シープドッグは家畜が牧草地に隣接した畑に侵入して畑や作物を荒らさないように、吠えて警戒する役割を持っていたと言われています。

長い間、シェットランド諸島のみで繁殖していたこの犬種は、19世紀後半になると、この島を訪れていたイギリス海軍の兵士たちによって、本土に持ち帰られるようになりました。

20世紀に入り、現在のシェットランド・シープドッグに近い形にまで改良が進むと、ラフ・コリー似の優美な外見と生来の賢さ、すばしっこさ、家族に対する愛情の深さなどで世界中で人気が出るようになりました。


シェットランド・シープドッグの値段価格

シェットランド・シープドッグの子犬の価格相場は、およそ20万円です。

価格差は、親の血統などが関連しますが、被毛のカラーによっても若干の差があります。

現在はブルーマールのシェットランド・シープドッグが高価になっています。

ブリーダーから購入する場合には、親や兄弟などの遺伝性疾患の有無の確認や遺伝子検査を行うようにしましょう。

里親として迎える選択肢もありますが、なるべく子犬の頃から迎えて、早めにしつけを開始することをおすすめします。

子犬から迎えた場合もなるべく早くに、しつけを開始するようにしましょう。シェットランド・シープドッグに興味を持たれた方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

【限定割引中】2023年殿堂入りのフード&便利グッズ!

【キャットフード】カナガンデンタル

猫の健康を考えた、美味しく食べて健康になるキャットフードです!

天然のケア成分が含まれており、体内に負担をかけない原材料のみを扱っているため、食べるだけで綺麗で活気ある猫ちゃんになります。

私の周りでも良い評判をよく聞くので、全力でおすすめします。

今だけ最大20%OFFなので、興味がある方は一度試してみましょう!

【便利グッズ】リモサボン

ペットの抜け毛で悩むことがなくなる、衣類用液体洗剤です!

衣類に抜け毛が付く原因は静電気です。この原因に着目し、独自のWコーティング成分を取り入れました。洗うたびに静電気の発生を抑え離毛効果を発揮し、合わせてペット特有のニオイ消臭もできます。

SNSでバズり、昨年は3ヵ月の予約待ちでしたが、今はすぐに購入ができるようです。

今だけ最大10%OFF、返金保証も付いているので、買わなきゃ損!

-犬の種類図鑑, 中型犬, 牧羊犬・牧畜犬, イギリス